キキジョウズの使い方

人間は感情の生き物です。理性だけで生きていくことは出来ません。感情は実に厄介な代物で、前に出すぎると「あの人はすぐ感情的になる」と言われるし、じっと押さえておくと「あの人は冷たい」と言われることがよくあります。感情的になりすぎてはいけませんが、我慢しすぎるものも問題です。

あの人の言うことは自分の考えと違うんだがなあと思いつつ、提案しているのが年長者などの場合、日本人は表立って否を唱えることが少ないそうです。謙譲の美徳と言うより、主体性のなさととられることが多い態度ですね。そして、こういう人が心にモヤモヤをためこんでしまうのです。しまいには鬱状態になりかねません。しかし、人間というのはよく出来たもので、多くの人はそこまでもやもやを持ち続けない。どうするか。

憂さ晴らしをするのです。気の置けないもの同士で愚痴を言い合う。これで感情的にスッキリすると言うわけです。ただ、そうやって憂さ晴らしが出来る相手がいればいいのですが、いない時はちょっと困りますね。そんな時のいい相手が、ロバミミで提供されている「愚痴聞き」というサービスです。ロバミミに登録されたキキジョウズの方たちが、友人の代わりに愚痴を聞いてくれるわけです。キキジョウズはプロですから、安心して話すことが出来ます。